アートメイク注意点

化粧崩れが気にならないアートメイクは、便利ですが、注意点はいくつかあります。ご興味のある方、これから受けようと思われる方はご参考になさってください。

まずはトラブルもあるという事です。肌に合わない等ということもありますので、アレルギーをお持ちの方は医師にご相談ください。また、万が一、施術を受けて術後経過が良くないという事もあるかもしれませんが、クリニックで受けていれば、すぐに医師が処置を施してくれるでしょうから、安心です。それから、妊娠中、授乳中と言う方は控えた方が良いでしょう。赤ちゃん優先にしてあげて下さい。どうしてもと言う場合は医師に相談しましょう。それから、以前に受けたアートメイクの傷が治っていないと言う人、皮膚に疾患があると言う人も治るまでは控えた方が無難でしょう。医師と相談することをお勧めいたします。また、感染症を患っていらっしゃる方も控えた方が良いでしょう。病院に行って、感染症を治してからの方が安心です。

こういったことからもお分かりのように、アートメイクに医師は欠かせません。少しでも気になる事があれば、医師に相談しましょう。そうすることで、トラブル回避になりますから、後悔せずにお洒落を楽しめます。お洒落のためにも、こうした注意事項を守って、アートメイクの施術を受けましょう。

アートメイクの施術

化粧崩れが気にならないアートメイクは、医療行為とされていますので、医師または看護師による施術を受けるということです。ですから、ご自身に合うようなクリニックを探して予約をすると良いでしょう。

その施術について、皆様の気になるところをご説明致しましょう。まずは平均的な時間ですが、眉は大体2時間30分、アイラインの上下合わせて2時間、リップライン4時間です。痛みは完全に無痛ではありませんが、施術直後に麻酔クリームを塗るので軽減されるでしょう。施術直後の状態は赤みが出ますが、何時間かでなくなると言う人が多いようです。(個人差があります。)また、施術当日は入浴を控え、シャワーを浴びる程度にした方が良いとされていまして、クレンジング剤等を使う洗顔は施術後4日は控えた方が良いでしょう。それから、持続性についてですが、大体の人は1年に1回メンテナンスを受ける様です。これも個人差があり、3年持つと言う人もいるようですし、お好みでデザインチェンジをする人もいるようです。そして、長期に持続させるためには大体2回くらいの施術が必要というのが一般的でしょう。

このような事柄を踏まえ、アートメイクの施術を受けるかどうか、よくご検討下さい。実際に受けたことのある人がいらしたら、そのお話しを聞いてみても良いでしょうし、インターネットで様々なクリニックの情報が出ていますので、ご覧になってみても良いでしょう。

崩れないメイクとは

常日頃、忙しい人にとって、化粧崩れは困りものです。崩れないメイクとして、売り出されている物も沢山ありますが、なかなか満足のいくメイクグッズがないというのが、化粧崩れに悩む大半の人の声です。あきらめればいいと思われる人もいらっしゃるかもしれませんが、常に綺麗でいたいというのが女心です。この心を失ってしまっては、寂しいものですから、大事にしましょう。

それでは、化粧崩れ対策には何が良いのでしょうか。崩れにくいと言う化粧品を数々試すと言うのも良いでしょうが、思い切ってアートメイクの施術を受けてみると言うのも良い考えです。アートメイクは皮膚に針を入れ、色素を注入するという施術で医療行為になります。医師駐在のクリニックで受けますと、人によってそれぞれですが、2~5年もつようです。つまり、化粧が落ちないのですから、化粧崩れの気になる人にとっては朗報でしょう。

アートメイクは信頼できる医師の常駐するクリニックで受けると良いでしょう。(2001年に厚生労働省により、医療行為とみなされています。)インターネットでクリニックを探してみることをお勧めいたします。その際、エステサロンではなく、お医者様のいるクリニックということを念頭に探すという事が大事です。

メイクが崩れて困る事

多くの女性は普段、メイクをするでしょう。(最近では男性でもメイクをする人が増えているようですが。)その際、困るのはメイク崩れです。朝、出勤前に綺麗にメイクして行っても、夕方や夜には崩れてしまうという事はよくあります。特に、夏場等、汗をかく季節にはそういったことが頻繁に起こるでしょう。これは、常に綺麗でいたいという人にとっては困る事です。

化粧直しをすればよいのでしょうが、そんな時間がないと言う人も多いでしょう。たとえば、営業で常に外回りだったり、学校。幼稚園の先生、保育士さん、看護師さん、スポーツのインストラクターのように休む間もなく動いていなければならない等、人それぞれの事情があり、化粧を直す時間さえ取れないと言う人は多いのです。また、こういった職業でなくても、人手不足等で休む間もないと言う人、仕事に疲れるため、化粧直しも出来ないと言う人もいらっしゃるでしょう。それでもやはり、綺麗でいたいと言う人にはアートメイクがお勧めです。このメイクは眉、アイライン、リップラインというメイクの際にポイントになるパーツに針で色素を入れますから、常に化粧をした顔でいられるのです。ですから、化粧崩れとはさようならということになるでしょう。

当サイトはこういったメイク崩れ対策に役立つアートメイクについて、お伝えいたします。崩れないメイクについて、アートメイクの施術について、アートメイクの注意点について、分かりやすくご紹介いたしますので、ご参考になさってください。